Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

綺麗なキューティクルがある髪の毛を維持するためにできること

髪の毛のダメージや、パサつき、ベタっと感で
悩んでる方たくさんいると思います。
そんな方に髪の毛の手入れの仕方を教えます。

まず、ブラッシングです。
ブラッシングは頭皮の汚れを浮かせてくれます。
そして、頭皮の血流もよくしてくれます。
髪の毛の指通りも良くなるので
シャンプーがしやすくなります。

次にシャンプートリートメントです。
シャンプーは2回します。
1回目は髪の毛全体の汚れや、スタイリング剤を
ざっと落とす感じで洗います。
洗い流す前に、泡が残ったまま
頭皮マッサージもいいです。
ブラッシングで浮かなかった汚れが
より浮いてきます。
2回目は頭皮をしっかりごしごし洗います。
この時爪で洗うと傷つけてしまう可能性があるので、
シリコンブラシなどがあると最適です。
トリートメントは、さらっとで大丈夫です。
頭皮にはつけず、毛先のダメージが
気になる部分だけでいいです。

次はドライヤーです。
自然乾燥はなるべくやめましょう。
水分は蒸発し続けるので、乾燥につながります。
これはパサつきの原因になります。
できれば乾かす前に、洗い流さないトリートメントを
おすすめします。
例えば、パサつきが気になる方だと
オイル系のトリートメント。
普段少し脂っぽい方は、ミルク系のトリートメント。
それをさらっと毛先につけてから、
ドライヤーで乾かします。
ドライヤーの時間が長いのも乾燥につながるので、
しっかりタオルで水分を取って、
トリートメントをつけてから乾かすといいです。

髪の毛の綺麗さを維持するためには、
まず頭皮を綺麗にします。
頭皮が綺麗じゃないと、髪の毛は綺麗に
なっていかないし、薄毛の原因にもなります。
なのでブラッシングと2回シャンプーするのは
とても重要なことです。
そしてシャンプートリートメントは、
できれば美容室の物を使用してほしいです。
市販の物だと、シリコン剤がかなり多く
入っているからです。
シリコン剤は、髪の毛をコーティングしてくれ
一見ツルツルになったように感じます。
ですが、髪の毛に残留したシリコン剤は
ドライヤーやアイロンなどを使うと
熱を加えたときに、シリコン剤とキューティクルが
一緒に剥がれてしまい逆にダメージに
つながっていきます。
他にもシリコン剤が邪魔をして、
カラーリングが思うような色にならなかったり、
パーマや縮毛矯正といった
美容施術の妨げになります。
美容室のシャンプーは、値段が高いですが
髪の毛に残留しないシリコン剤が入っているので
髪の毛に対する刺激は少ないです。

普段なにげなしに使っているものが、
髪の毛を傷めている原因になっているので
正しい知識を身につけることが
髪の毛を綺麗に維持できます。

芸能人もご用達のおすすめシャンプー:アスロングの効果とは